2020年06月23日

[東京新宿] カンタベリーハウス・BIBA館〜1970年代の伝説のディスコ

















カンタベリーハウス・BIBA館
オープン
'70年代後半〜
所在地
東京都新宿区歌舞伎町1-21-1 東亜会館3F
料金
19時迄は男性1800円・女性1400円
19時以降は男性2200円・女性2000円
解説
女性にターゲットを絞った大型のファッション・ディスコで、カンタベリーチェーンの代表的なお店。バイキング・スタイルを始めた老舗。
posted by ヤングナウ80 at 23:30| Comment(0) | % ディスコ通り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[サイト] 東亜会館DISCO物語












[サイト] 東亜会館DISCO物語
東亜会館DISCO物語
ここはタイムマシーンの入口です。
あなたの通っていたディスコへどうぞ!
各店,共通でフリードリンク・フリーフードになっております。
お荷物は全てクロークにお預ける様,お願い致します。
尚,スペシャルカードをお持ちの方は7時までに入場をお願いします。

東亜会館DISCO物語
http://www.toa-kaikan.com/
http://www.toa-kaikan.com/biba/

Facebook
http://www.facebook.com/jin.obata.3#!/jin.obata.3

YouTube
https://youtu.be/dQu7_jpfHqU
https://youtu.be/NSWcc9OQWtc






「Back To The 80's 東亜 あの日に帰ろう!! Vol.20 記念開催 〜Endless Time〜」にご参加下さったみなさま
2001年8月5日にスタートした「Back To The 80's 東亜」は無事に開催20回を迎えることができました。
このイベントは80年代東亜の思い出を忘れることができず、たとえ1日だけでも当時に戻りたいという強い思いで素人の私が個人として初開催させていただきましたが、その思いに共感して下さった元東亜の皆さまが1人また1人と集まりご協力いただいたことで、東亜会館の同窓会イベントとして約20年近く継続させていただいています。
元東亜の皆さまのご支援・ご協力なしでここまでの成功は絶対にあり得ません。心より感謝しております。本当にありがとうございました。
「Back To The 80's 東亜」は今後も皆様の当時の思い出を壊す事なく、皆様が当時に帰れるイベントとして続けていくつもりですので、宜しくお願い致します。
次回は未定ですが、決まり公式サイトでお知らせさせて頂きます。また皆さんとお会いできる事を心より楽しみにしております。
尚、今回ご参加いただいた人数は724名様でした。
Back To The 80's 東亜 オーガナイザー 小畑 仁

Facebook
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2244356209024638&id=100003508431572
























































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































都内にあったディスコの一覧表(六本木を除く)
オープン店 名所 在 地備 考
'66THE OTHER新宿三丁目オーナー福岡博之氏
'66Crazy Spot渋谷仁丹ビル裏ジュークボックス式
'66(?)アングラポップ新宿歌舞伎町ソウル系 絨毯バー
'60年代後半サンダーバード新宿
'60年代後半ナック・ザ・ボーイ新宿
'60年代後半怪人20面相新宿
'60年代後半リフレクション新宿
'70年頃スペース24新宿
'70年ごろスネーク新宿
'68〜
'87.2.15
MUGEN赤坂3-8-17

Pro.浜野安宏氏 生バンドの演奏
ウルフマンジャック、アイク&ティナターナー出演
'89.12.4〜
'95
RONDE CLUBパンジャパンビルB1日拓アミューズメント
現キャバレー「Gentleman's Club」
'71〜
'87.2.15
BYBLOSCAESAR'S PALACE1F,2FWORLD FAMOUS
日本で初めて服装チェックのシステム
'70年頃アナグラ赤坂
'70年頃ゲットレディ
'71〜'82Get新宿3-35-10
ローヤルプリンスビル4F
店長ニック岡井氏「若者のプラザ」
'78.4.26
17:00〜
Pop Corn歌舞伎町1-18-1
モナミビル7F,8F
7Fにダンスフロア
'60年代後半CHECK新宿ソウル系
'60年代後半らせん階段新宿ソウル系
'60年代後半LSD新宿ソウル系
ヤングメイト新宿
'60年代後半ベイビーグランド新宿
'60年代Pulse Beat青山
'73〜'77スーパーコップス赤坂3-9メビウスOBの店
'70年代初中期〜
'70年代中後期
フランス乞食赤坂3-7 ソウル系 メビウスOBの店 小箱
'70年代シンデレラ赤坂2-14
'70年代シェルハウス赤坂6-14-1
ホテル陽光1F
'70年代半ばSOUL TRAIN
(PART T)
新宿3-36-13
みよしビル3F
'70年代半ばSOUL TRAIN
(PART U)
渋・神南1-22-7
岩本ビル3F
'70年代前半tomorrow新宿歌舞伎町29-3
東京スタッセ4F
スタッセグループ 中箱
'74年(?)〜Tomorrow U.S.A.東宝会館7Fキャパ800人以上の大箱
'73〜HAREM赤坂3-21-15
東都ビルB1
「ハレム」黒人が多く独特の雰囲気
'70年代半ばボンゴ豊・池袋東口
西武デパート前
富士ビル5F
フロアは広く大人のムード
'70年代White House赤坂4-7-17'70年代後半〜'80年代始め
「BLACK & WHITE」となる
'80年代末キャメル赤坂4-7-17
'74〜
'80年代
MANHATTAN赤坂6-6-28
カムフィホームズB1
店長はドン勝本氏
'70年代後半BOOTSY赤坂3-9-4
扇やビル4F
ブッチー 店長は江守靄氏
'70年代半ばアップルハウス新宿歌舞伎町27
中台ビル4F
日本アミューズメント
DJブースがゴンドラで降下の大箱
(230坪) DJと生バンドが入る
'75〜BLACK SHEEP歌舞伎町27-2
千代田ビルB1
生演奏有 ソウル系 大箱
'75〜
'82
チェスターバリー新宿歌舞伎町パブライフ・チェスターバリー・チェーン
生バンドと半々
'70年代半ば〜
後半
MILKY WAY新宿歌舞伎町2-25-2
アラオビル3F
パブライフ・チェスターバリー・チェーン
'70年代半ばBLACK BOX新宿5-4-1
QフラットビルB1
ゲイディスコのはしり
白人率高し
'70年代MUGEN新宿歌舞伎町18
モナミビル2F,3F
ソウル系
'70年代Viva Young新宿駅東口
ヒカリ会館4F
NKGパブチェーン
上野・千葉・新原町田にもあった
'70年代ファンキーディスコ
V-ONE
新宿NKGパブチェーン
'70年代ファンキーディスコ
Q & B
西武新宿駅前
クインビー会館4F
NKGパブチェーン
'70年代半ば〜
'80年代
CRAZY HORSE歌舞伎町18
モナミビル5F
日新物産 バンドの生演奏
'70年代キャステル新宿日新物産
'70年代 Scat歌舞伎町1-12-6
歌舞伎町ビル3F
金曜日にオカマ・ダンス・コンテスト
'70年代プレイハウス歌舞伎町1-20-1
新宿ジョイパックビル4F
'70年代末NEW YORK NEW YORK新宿ジョイパックビル4FJOYPACK DISCO GROUP
'70年代Big together歌舞伎町1-19-2
東宝会館4F
スタッセグループ
プロのダンスショー
HELLO HOLIDAY東宝会館4F
'80年代前半XENON東宝会館4FJOYPACK DISCO GROUP
現「CODE」
'80年頃〜ONE PLUS ONE'82.6に女子中学生殺人事件
'90年代初頭NAPA j東宝会館6Fカラオケルーム
パーティールーム併設
CARNIVAL HOUSE歌舞伎町1-21-1
東亜会館7F
「The Carnival」に改称
CIRCUS CIRCUS 東亜会館7F後に「G.B. RABBITS」
82('83?)〜
'90年代半ば
G.B. RABBITS東亜会館7FAプロ
'70年代半ばIndependent House東亜会館6F後に「B & B」
'80年代B & B東亜会館6Fサーファー系「Beach Breeze」の略
後に「CENTURY TWENTY-ONE」
'80年代後半CENTURY TWENTY-ONE東亜会館6FAプロ ブラック系
カラオケルーム併設
'70年代末Cinderella東亜会館5F映画サタデーナイト・フィーバー
そのままの雰囲気
'80年頃カンタベリーハウス
シンデレラ館
東亜会館5F
'70年代後半〜カンタベリーハウス
ギリシャ館
東亜会館4F新宿のファッション・ディスコ人気No.1
後に「GREECE」
'80年代CH-Greece東亜会館4Fパラパラが盛ん
'70年代後半〜カンタベリーハウス
BIBA館
東亜会館3F後に「ZEBRA」
ZEBRA東亜会館3F
アイ新宿3-36-16
国際会館ビル5F
'80年代シャンゼリゼ新宿
'82〜Samba Club Regency西新宿2-7-2
ホテルセンチュリーハイアット1F
「六本木Regency」と同じ経営母体
Aプロ JOYPACK DISCO GROUP
'80年代MOON CHILD CLUB西新宿6-6-2
ヒルトンインターナショナルB1
Aプロ カラオケルーム5室併設
'80年代カヤン新宿
'80年代Slap Me 5新宿ブラック系
'80年代シャンバラ新宿
'70年代後半カンタベリーハウス
ペルシャ館
新宿三愛ビル4F
'80年代初めPUKA PUKA新宿三愛ビル4FtrfのDJ KOO氏が回していた
'78.5〜BOOGIE BOY新宿2-18-5ボーイズタウンディスコ
クレオ・パラッツィ新宿
'75〜'87 TSUBAKI HOUSE新宿3-14-20
テアトルビル5F
火曜日ロンドンナイト
日曜日ヘヴィメタルナイトの歴史的名店
'80年代JAVA-BAY新宿3-14-20
テアトルビル5F
Aプロ
「TSUBAKI HOUSE」の後
'79〜RADIO CITY新宿3-13-2
新宿文化ビルB1
大和実業
'86.4〜RADIO CITY千・有楽町1-5-2
東宝ツインタワービルB2,B3
大和実業
学生お断り
'70年代ウェディング・ロード銀座8-9-4
産金ビルB1
後に「GALERIE」
GALERIE 産金ビルB1 パブ・ギャラリー
シーザース・パレス銀座
JULIUS CAESAR銀座8-5-6
中島商事ビル地階
'80年代後半〜 CHIC銀座5-10-6
第一銀座ビルB1
'80年代後半〜 DAY BY DAY
DR・AN銀座
'80年代後半〜CYGNUS中・銀座8-6-18
第5秀和ビルB2
アンティークな雰囲気
70'sソウル中心
'80年代後半〜 オビウム
'91.5.14〜
'94.8.31
JULIANA'S TOKYO 芝浦1-13-10
東京ポートボール1F
多くの伝説を残す
〜'93.12.31O'BAR 2218芝浦2-2-18東海海運
滝があった
'89〜GOLD(芝浦)海岸3-1-67階建の倉庫を改造
佐藤篤氏のインテリアデザイン
'70年代半ばWhiskey A Go Go 青山5-9-12
アイサクビル3F
ジャンジャン青山
'80年代ヒップフェロー青山
'86.12.8〜
'93.12.31
King & Queen港・北青山3-5-12
クリスタルビルB1
跡地は「ZZEX(ジェックス)」を経て
「ミューズ」(クラブ)
'90年代初頭Ma Sarle南青山3-1-5
ラ・クラースビルB1F
赤坂米穀グループ
'70年代後半IVERIA渋・神宮前6-5-3
イベリアビル7F
'80年代club D渋・神宮前2-33-12札幌にもあった
'70年代後半パブ野郎渋・道玄坂2-3-2
大外ビル8F
'82〜Pithecanthropus原宿Pro.桑原茂一氏
デザインは安部讃平氏
スタジオハッチ渋谷
'80年代初頭LA SCALA渋谷JOYPACKビル3F,4FJOYPACK DISCO GROUP
'81〜Candy Candy渋・道玄坂2-3-2
大和銀行ビル6F
後に「PARADIAM」
'80年代後半PARADIAM大和銀行ビル6F
'70年代後半Star Woods渋・宇田川町33-1
グランド東京ビル2F,3F
後に「SPAZIO」
'80年代初頭SPAZIOグランド東京ビル2F,3F後に「Gaudi」
'90〜Gaudiグランド東京ビル2F,3F
'80年代後半big Apple渋谷区宇田川町21-6
MINEGISHIビル8F
センター街入口
'70年代BLACK SHEEP渋・宇田川町25-3
プリンスビル4F
'86.10.24〜LAYLA渋・宇田川町29-4
ゼンモールビルB2
ライラ 音ユーロビート
'80年代後半ZYX渋・宇田川町3-5
LICAビル3F
フリードリンク・フリーフード
音ユーロビート
渋谷
HOT POINT渋谷ソウル系
HIP HOP渋谷ソウル系
'80年代JUERGA渋谷チトセ会館2Fフェルガ 現在「カラオケ館」
'80年代ABBA渋谷チトセ会館
'80年代ZIP渋・神南1-17-7
ZIPビルB1,B2
'87.12.1〜S. I. joe渋・道玄坂1-17-9
ホテルP&AプラザB1F
サウンドPro. M.I.D.
'80年代中期MAHARAJA JUNIOR渋・宇田川町30-5
JOWビル9F
後に「MAHARANI」を経て
「マハラジャ倶楽部」(パブ)
現在「L's」
'87.6〜J TRIP BAR
DANCE HALL
渋・宇田川町13-16
国際ビルB2
'91.6〜
「J TRIP BAR DANCE FACTORY」
'90.12.23〜FLW渋・恵比寿西1-34-17
Za HOUSE B1,B2
カジノを併設
'70年代BLACK SHEEP上野2-9-6
大和ビル3F
新宿と渋谷にも
'80年代初頭SPANGLE上野 大島ビル4F
'91年秋〜
'95
ARX上野4-9-6
ナガフジビルB1
日拓アミューズメント
サラリーマン・OLをターゲット
'89〜'91サイカ汐留
CRONOS千・内幸町1-7-8サウンドPro.磯辺俊次郎氏
'70年代半ばクラブ・セック不明
'80年代SHIRO吉祥寺ブラック系
'70年代半ば〜
'80年代
ADAMS APPLE豊・西池袋1-37-12
ローズ会館7F
池袋初のバイキング付ディスコ
HOT LINE高田馬場
'70年代J & R銀座5-4-9
阿修羅蒲田
'85年頃VEGLIA赤坂4-7料理はイタリアン
'90.5.16〜TYO目・自由が丘1-10-4
マイリッチビルB1
演出にシャボン玉の機械
ドミノ立川
ベルファン吉祥寺
'70年代後半〜
'81
Studio54吉祥寺
'70年代半ばIndipendent House吉祥寺本町1-10-1
イナリヤ会館7F
'88.7〜
'90.12
MZA ARIAKE
クラブ・ガディル
江・有明1-3-27
'90.9.21〜3D CLUB TOKYO北・王子1-18-5
アークホテルビルB1
洞窟っぽい
5spot自由が丘
ブルドッグ蒲田
'70年代テンミニッツ上野2-11-18
'70年代BLACK SHEEP上野2-9-6
大和ビル3F
'70年代ジャック&ベティ豊・西池袋1-3-11
'70年代アリマ葛・西新小岩1-10-1
カニ谷ビル4F
'70年代720中野5-56-15
'70年代ピラミッド葛・新小岩1-46-3
東栄ビル
'88.12〜M-CARLO中・銀座7-5-4 毛利ビルB2
'70年代ピンクパンサー
'70年代ソウルハウス・ゴー
'90年代初頭〜GRACE CASTEL渋・神宮前2-22-12
'90年代初頭〜La duc渋・神南1-18-7
12ヵ月ビルB3
posted by ヤングナウ80 at 22:28| Comment(0) | % ディスコ通り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

[動画][楽曲] 1980's Disco POPS Collection〜

d3d7fdf2291ec6de685c14fdb6bcdd9b.jpg




oldtv2278.png



d3d7fdf2291ec6de685c14fdb6bcdd9b.jpg
posted by ヤングナウ80 at 14:25| Comment(0) | % ディスコ通り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月11日

[東京早稲田] [東京大塚] 梵寿綱マンション


































































[東京早稲田] [東京大塚] 梵寿綱マンション
日本のガウディと言われる梵寿綱(ぼんじゅこう)氏の建築物です。
梵寿綱氏は1934年生まれ。レトロというには新しいかもしれません。趣旨と異なるということでしたら、削除いたします。
ご存知の方も多いと思われますが、まだ見たことが無いという方にご紹介したいと思います。
本当にびっくりの建物です。
歳のせいか、物事にさほど驚かず、たまに驚くといえば、ネガティブなことに対してのことが多いですが、この建物を見ての驚きは、心地良さ、痛快な驚きと感動の嵐です。
ぜひ皆様にも心地良い驚きを❗️
新宿区早稲田鶴巻にあるドラード和世陀
杉並区和泉にあるラポルタイズミとマインド和亜。この他都内に数件存在します。

Facebook
https://www.facebook.com/groups/1421351804803614/permalink/2630303150575134/




ガウディかダリか、見たことないほど独創的なマンションを大塚で発見。
装飾的な建築物にはいっているテナントもやはり、アンティークインテリア店や画廊など、これまた独創的な方々。
マンションのポストにはさまっていた不動産のチラシの事務的な感じが、この装飾的な空間の中では、浮いて見えた。
住めば世界が変わるだろうな。
家賃も独創的なんだろうか?
それとも普通に8万円くらいなんだろうか??

tuhhjh pc



posted by ヤングナウ80 at 07:51| Comment(0) | % 居住区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

[東京平河町] ももんじ屋














[東京平河町] ももんじ屋
日本人の食生活は肉食から始まった。
つまり今田濃厚も知らず、その日その日を生きることに精一杯だった原始人にとって、狩りに出て得ることができる獣は手っ取り早いご馳走だった。
当時食べていた獣はシカ・イノシシ・クマ・キツネ・サル・タヌキ・ムササビなど60種類を数えることができる。
言ってみれば捕まえられるものはほとんど食用にしていたのである。その中でも多かったのはシカとイノシシだった。
そして天武4年(675年)仏教の伝来とともに、天武天皇は殺傷禁断令なる令をだして、牛馬猿鳥のしし(肉)を食べることを禁じたのである。
しかしこの令にも例外はあり、「その他は禁制にあらず」とあり、「この他」について具体的にあげているわけではないが、それは当然鹿や猪を意味した。鹿や猪は当時の常食であったので例外とせざるを得なかったとも考えられる。殺傷禁断令は明治5年まで続くことになった。
しかし、江戸の町にはすでに肉屋があった。場所は平河町3丁目。「ももんじ屋」といわれていた。
店を始めたのは天和2年(1682年)から元禄4年(1691年)の間のことであった。というのは、「御府内沿革図書」を見て行くとこのももんじ屋のあった場所が武家地から町屋になったのはこの期間、つまり天和二年にはまだ武家地であったが元禄4年には町屋になっているからである。
この屋敷は正式には山奥家と言った。ももんじ屋がなぜこの平河町に店を構えたのか。この地域はほとんどが大名屋敷と旗本の屋敷、つまり周辺すべてももんじ屋の得意先であったからである。
統治下に獣の肉を食べていたか寛永20年(1643年)の「料理物語」には シカ・イノシシ・クマ・キツネ・サル・タヌキの調理法が記載されており、さらに遡ること宝暦10年(1760年)に出版された「名産諸式往来」には江戸の麹町では シカ・イノシシ・クマ・キツネ・サル・タヌキの肉が売られていたとある。ご禁制の犬もあったことが分かる。
牛も鳥も食べていた。しかも牛肉は献上品にまでなっていたのである。近江国彦根藩主は寒中見舞いと称して、将軍家に牛肉の味噌漬け・干し牛肉・酒炒牛肉・粕漬けを送っている。
水戸光圀もまた大の牛肉党だった。
-小管桂子 日本洋食物語大全

gmkna pc





江戸時代は、病弱者に力をつけるということで「薬食い」と称して獣肉食いの、効用・効能を喧伝した。
江戸の麹町平河町に、獣肉薬食いの 「山奥屋= (俗称) ももんじ屋」があった。
店頭には、図のように獣肉の、「鹿・狐・狼・熊・狸・かわうそ・いたち・猫・山犬」まで並べていた。
狐は、デキもの。 
狼は、五臓に力を。 
狸は、痔の病気。 
鹿は、産後に。 
熊は、虚弱体。
猿は、マラリヤ。 
猪は、五臓・テンカン。
………などの効能が喧伝されていた。
牛を、冬牡丹。  
鹿は、モミジ。  
猪は、山クジラ。
………などの隠語で呼ばれた。
*************************************
「ももん」とは。
「もmo(甲類)」=腿の形態・盛り上がった形態」。[用語例・腿・桃・藻・森・燃]
「ん=み」。髪挿し・かみさし⇒かんざし。神主・まみぬし⇒かんぬし。
「みmui(乙類)前母音脱落⇒mi=躍動して射る形態=雷・神(カムイ)」
「が=荒々しい形態。がたがた・がりがりの粗野・粗雑な形態」。
ガッとむき出した獣の口をイメージできる語。
ももんが
=「ももん=〔もも+み〕=腿の身・腿肉」+「が=粗野」
=粗野な腿肉=獣の腿肉。
「ももんじ」の「じ」は「宍・しし」=獣の肉のこと。
「猪・ゐのしし」・「鹿肉・かのしし」。
「シ・ジ=下方向の形態・じべた・足・知る・敷く・死に・腰・岸」。
故に「しし・獣の肉」は「死んで下に」横たわる獲物の肉を意味する語である。
この語は縄文時代の狩猟生活の痕跡が刻まれた「生活用語」である。
「やまくじら・山鯨」は猪の肉の隠語で、この看板を掲げて肉料理店を出していた時代はペリーが来航した安政時代である。
江戸の市内では獣肉料理屋(ももんじや)があったが、毛嫌いする人々も多かった。
しかし、肉の味を知ると病みつきになる。
石器時代は獣の肉は重要な生活の中心的食料であった。
野山や里に出没する猪は今日でも非常に多く、手に負えないくらいに繁殖している。
猪や鹿と日本人の関わりは、全国で出土した石鏃の膨大な量を見れば解る。
三内丸山遺跡の落とし穴の数や規模からすると、明らかにイノシシやシカなどの大型獣を獲得するための大掛かりな装置であることが判る。
0926 
安見知之  和期大王波   見吉野乃  飽津之小野笶  野上者    
跡見居置而   御山者   射目立渡    朝獵尓   十六履起之   
夕狩尓   十里蹋立   馬並而   御獵曽立為   春之茂野尓
やすみしし わごおほきみは みよしのの あきづのをのの ののうへには 
とみすゑおきて みやまには いめたてわたし あさがりに ししふみおこし 
ゆふがりに とりふみたて うまなめて みかりぞたたす はるのしげのに
0927 
足引之   山毛野毛    御獵人   得物矢手挾   散動而有所見
あしひきの やまにものにも みかりひと さつやたばさみ さわきてありみゆ
あしひきの・野にも山にも み狩人が 矢をたばさんで 
狩り場で勢子や犬が騒ぎ立てて獲物を追い込んで狩りをしているのが見える。
この万葉集の歌を読むと、天皇も狩りがお好きのようで、朝狩り・夕狩りと夢中になっている姿が微笑ましい。
捕らえた獲物は当然野宴を開いて大勢で食したのである。
この伝統は、仏教の影響で国からの禁止規制が掛かっても簡単には消えなかった。
日本書紀の天武天皇四年(675年)の天皇の詔で、
四月一日から九月三十日の期間は「牛・馬・犬・猿・鶏」の肉を食べると罪になることが発令されている。
面白いのは「猪」だけは禁止されていない。
そしてこの期間が経過すれば食べても良いということになる。
このことは一律に殺生禁止が不可能であるということを物語っている。
鎌倉中期の辞典である「拾芥抄・下」二十九に、医書として、五畜の味のことが書かれている。
牛は甘い。 猪は塩にがく。 羊は苦く。 鶏は辛く。 犬は酸味あり。
平安時代の公家が肉食したことがバレて、宮中の参内を七十日差し止められたという記録がある。
織田信長の庇護のもとにあったフロイスの「日本覚書」の本に、 
「我らは犬を遠ざけ牛を食べる。日本人は牛を避け、薬と称して犬を食う………」
とあり、当時の戦国の世が判る。
 しかし公家社会の道教の教えからくる犬に対する穢の恐れや、仏教の殺生禁止の理念で、
表では、獣肉を食することを憚ってきたが、裏ではこっそりと食していたという、
白と黒が重なり合うところにできる、中間のネズミイロの薄暗い歴史があったことだけは、史実として知るべきである。
………文化国家である現在の日本人社会は、江戸時代とは違って、可愛らしい犬・猫などを、決して食べません。
そんな残虐なことをする人は殆ど絶無でると、私は固く信じて疑いません
………美味しい魚介類など、食べるものは、他に幾らでも豊富にありますからね。

「万葉仮名の六十二個」の一音節語の解説コーナー
https://blogs.yahoo.co.jp/pqzxcv1936/66138784.html

posted by ヤングナウ80 at 15:31| Comment(0) | % 飲食店通り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする